ブログ

南海トラフ巨大地震の震度は?奈良に津波は無いけど減災対策は?

毎度ありがとうございます。

マエショウ建設 営業担当 堀内です。

今日も、 ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

 

南海トラフ巨大地震について ニュースでは

防災インフラの整備を 南海トラフ地震、静岡県など25団体提言
(2019/11/15 07:33) 静岡県や静岡、浜松両市をはじめ東海から九州地方までの自治体など25団体は14日、南海トラフ巨大地震対策の促進大会を都内で開き、本県沿岸部の防潮堤整備を含む津波・地震対策への十分な財政措置など国への提言を決議した。難波喬司副知事が代表して、門博文国土交通政務官に提言書を手渡した。

引用:https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/705126.html

「津波怖いねー」 「ちゃんと対策しなきゃねー」 と偉い人たちが、対策の相談をしてくれてるみたいです。

確かに、お隣の大阪府も海に面してますし 御家族が毎日大阪にお勤めなんて事情で人事ではないかもしれません。

大阪や和歌山にお出かけの最中に南海トラフ巨大地震が襲ってくることは、十分ありえる話です。

 

ただ、やっぱり奈良県は海無県なので、

私自身は、地震のほうが気になります。

 

南海トラフ巨大地震の震度は?

では、南海トラフ巨大地震の震度はどのくらいと予想されているのでしょう?

 

これは、気象庁のHPから引用した予想図です。

奈良県内は、もれなく震度6です。

私自身は、人生で大きな地震は

  • ・阪神大震災時:震度3(奈良県内)
  • ・東北大震災時:震度3(大阪府内)

この2回、体験しましたが、

震度6なんて、未知数すぎて想像もできません。

これに加えて

太平洋沿岸の人たちは

『10mを超える大津波』にも備えなければならないといいます。

奈良県に津波は無いけど減災対策は?

津波も心配ですが、私もお家は奈良県になので、

ここはきっぱり割り切って揺れの心配に絞って考えて見ます。

 

日本の建築基準には、

耐震等級というものがあります。

ざっくりこんな感じです。

過去の事例では

震度7が2回来た2016年の熊本地震では、

耐震等級1:軒並み倒壊しました。⇒ 絶対、住めない

耐震等級2:倒壊は免れたが、主要構造部が変形が多かった。 ⇒ 住るか?疑問?

耐震等級3:主要構造の変形を免れた。 ⇒ 住める!

耐震等級3の家に住むことで

家族を護ることになり、

それこそが減災対策といっても言い過ぎではないはずです。

 

たまたま、海の無い奈良県に生まれ育ったのですが

そのおかげで、津波対策のエネルギー分を

地震やその他の減災対策に当てれるのです。

 

ぜひ、十分な知識をもって減災を目指したいです。

 

ざっくりした、記述で申し訳ありませんが

 

ぜひ、弊社の

見学会や耐震勉強会で詳しく知っていただければと思います。

 

今日も最後まで

読んでくださって本当にありがとうございました。

 

 

マエショウの見学会・イベント情報は

こちらからご覧になれます。

 

 

 

見学会・イベント情報を見る

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求