ブログ

HEAT20とは?

この冊子を開いたきっかけはなんですか?どんな家づくりをしようか考えいる方

HEAT20の家」ってなんだろうと気になった方、「豊かなくらし」ってどんな暮らしだろうと思った方など

いろいろな方がいらしゃると思います。

 

HEAT20とは、「2020を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称です。

少々難しい名前の委員会ですが、「室内温熱環境はどうあるべきか」を考え、

「住宅の省エネルギー基準」とは少し異なる視点からG1グレードG2グレードという2つの断熱水準があります。

 

ここでは、断熱性能(専門的には「外皮性能」とよばれます)の高い家では

「快適に」「健康的に」「経済的に」くらすことができますよ!、ということをQA形式で紹介していきます。

そしてその先「豊かなくらし」ができる家を「HEAT20の家」と呼んでいます。

 

 

Q&Aでは、まえしょう家のみなさんからの、室内温熱環境についての素朴なギモンについて、

やさしくポイントをお答えしています。

まえしょう家のみなさん

A(答)で示しているデータは、現在、まえしょう家が住んでいる下図のような家

(東京に建つ延べ面積120.0836.3坪の木造2階建住宅)において、

現在の断熱性能と、HEAT20G2水準に高めた断熱性能の場合をモデルに、まえしょう家の暮らしを想定した

冷暖房スケジュールした結果を基に作成しています。

    

   

そもそも断熱性能ってなに?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HEAT20

Invesgation Committee Of Hyper Enhanced Insulation And Advanced Technique For 2020 House とは?

欧米なのでは、民間の関係団体が中心となり、自らの技術開発の目標とする、国民の関心を高めるため、

国の制度・基準とは一線を画して「望ましい姿」を民間主導で提案する取組みが盛んに行われています。

 

そして、それらの先導的な活動が足元の技術力を引き上げ、新たな技術革新を生み出しています。

日本でもこれらと同じ取組みを、、、、という想いから2009年、有識者・民間から構成される

2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)」ガスタートいたしました。

 

HEAT20委員会では住宅生産者、住まいに手に対して、単に省エネ対策のツールとしてではなく、

室内環境性能の向上に大きな効果をもたらす「外皮性能(断熱・遮熱・通風・採光など)の向上」の

重要性と必要性を理解していただくために、室温いう最もわかりやすい指標を用いて、

エネルギー性能やコストとのバランスのなかで目指すべき水準を示していくべきと考えています。

 

HEAT20が目指す水準と室内温度環境

 

下図は、HEAT20が目指す外皮性能グレードG1G2の家がどのよな室内温度環境になるかを示しています、

併せて、省エネルギー性能についても現行の省エネ基準の家に対する比較をしています。

 

室内温度環境は、冬期間において家の中「最も体感温度が低い時の温度」と

各部屋の体感温度が15℃以下となる時間割合」を表しています。

 

 

外皮性能とは?

建物の外部に面した面の性能で、断熱・遮熱・通風・採光などを考慮したものです。

熱の通しやすさを表す「UA」と日射の遮熱性能を表す「ηAC」があります。

一般的には数値が小さいほど性能が高く、熱負荷が小さくなります。

 

 

 

 

予約ボタン

 

 

 

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求