ブログ

【C値が低い=隙間が少ない】人にも家計にも優しい家に住むことが出来ます

 

 こんにちは、設計担当の松田です。

この記事では、気密性の高い家について紹介します。

 

人にも家計にも優しい家、、

そんな夢のような家に住んでみたいですよね。

 

高気密住宅で、その夢を叶えることができますよ!

 

今回は「高気密住宅」、「C値」をキーワードに、

 

・隙間が少ない家ってどんな家?

・高気密住宅=人にも家計にも優しい理由

 

をご紹介をさせて頂きます。

 

最後まで読んで頂ければ、

これからの家づくりを大成功に導く、「気密」のことが勉強できます。

住宅選びに役立ちますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

隙間が少ない家ってどんな家?

 

 隙間が少ない家=高気密住宅です。

 

隙間が少ないということは、

家の中の空気が外に漏れず、外の空気は中に入って来ません。

 

普段の暮らしを想像してみてください。

真冬の朝、目覚めると家の中は冷え切っているので、暖房をつけます。

暖房のおかげで、室内は暖かくなりましたが、家の外は寒いまま。

 

隙間が多い家の場合、

部屋の暖かい空気は、見えない隙間を通って外に逃げ、

外の冷気はどんどん中に入ってきます。

せっかく暖めた室内の温度が下がってしまい、暖房はフル回転。

その分の冷暖房費に頭を抱える。。

こんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

まずは購入を検討している家が、

どれだけの隙間がある家なのかを調べてみることが大事です。

C値(シーチ)という単位を覚えておいてください。

数値が低ければ低い程、家の中の隙間が少ない家(=高気密住宅)となります。

 

各メーカーでもC値は公表されていますので、

比較してみるのも良いと思います。

 

 

高気密住宅=人にも家計にも優しい理由

 

高気密住宅は、人にも家計にも優しい家です。

家全体が密閉された空間になることで、メリットがあります。

 

①家族の健康を守る

→夏の熱気や冬の冷気、湿気を遮断することにより、

室内は快適な温度と湿度を保つことが出来ます。

 また、花粉や車の排気ガス、害虫、騒音を侵入させないことにより、

家族の健康を守ります。

②家計に優しい

→1年を通して外気の影響を受けにくいので、

小さなエネルギーで家中を冷暖房することが可能です。

 家の中が常に快適な温度を保つことができ、

月々の冷暖房費が大幅に削減。家計にも優しいです。

 

 

まとめ

 

今回は、

・隙間が少ない家ってどんな家?

・高気密住宅=人にも家計にも優しい理由

について、お伝えしました。

 

気密性に関しては、別の記事でも紹介しています。

こちらも是非ご覧になってみてください。

https://www.maesho-c.co.jp/blog/post-4186/

 

この記事が、あなたの家づくりを成功させることに

少しでもお役に立てば、うれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求