耐震等級3を大前提にした家づくり

HOME» 耐震等級3を大前提にした家づくり »耐震等級3を大前提にした家づくり

耐震等級3を大前提にした家づくり

耐震等級3を大前提にした家づくり

家族のために購入するマイホーム。

でも家を建てるだけでは家族が守れないかもしれません。

家づくりのチェックリストの中で、耐震性能の重要性や

耐震強度不足の住宅について調べていますか??

なぜ重要かというと、理由は二つあります。

一つは、地震から住まいと命という財産を守るということ。

もう一つは、家屋の倒壊が原因で、避難や救助活動に

時間がかかるという危険があるからです。

阪神・淡路大震災では、倒壊した建物が道をふさぎ、救急車や消防車が

近寄れず、多くの人命が失われてしまいました。 
いつ発生してもおかしくないといわれる巨大な南海トラフ地震の影響を

必ず受けることになるこの地域、家族を守るはずのマイホームが

もしもの時に命を奪うものになるかもしれません。

倒壊 地震

最悪の事態を少し考えてみると、家を建てる時に確認すべき項目として、

耐震等級は見過ごせないですね。

そして、その最悪の事態がなんとかならないのが現実です。

阪神大震災や東日本大震災を例に、行政や自治体の支援は

一時的なものが多く、家が倒壊した家庭への補助金も

住宅再建には程遠い金額でした。

なかには二重ローンを抱えて働いている人もいます。

近年、地球温暖化の影響か台風の発生は増え、甚大な被害をもたらす

百年に一度と言われる災害が各地で毎年起こっています。

地震や天災から家族を守るが【家】の使命ですよね。

家にいれば安心!!それが家族を守る前昌建設の家づくりです。

前昌建設は住宅性能表示の耐震等級3を大前提にした設計をします。

まず、耐震が弱いとはどのような住宅かというと、

柱や梁・筋交いなどで構成される耐震壁が少なく、

そしてそれらの配置のバランスの悪さが影響して弱くなっています。

また縦揺れの地震が起こった時には、ホールダウンという金物が少なければ

土台から柱が抜けて簡単に倒壊してしまいます。

この施工は、基礎工事の過程でしか確認することが出来ないので、

購入前には必ず構造見学会に何度も足を運び、確認することが大事です。

これまでの地震などを参考にして、建築基準法は改定され続けていますが、

現段階の基準は、残念ながら南海トラフ地震の予想震度では

地震後の生活を守れる強度ではありません。

 

耐震等級

耐震等級とは、建物の強度を表す一つの指標です。

住宅性能表示では3つの段階に分かれています。

  • 耐震等級1:建築基準法と同程度の最低ライン
  • 耐震等級2:建築基準法の1.25倍の耐震性能
  • 耐震等級3:建築基準法の1.5倍の耐震性能

耐震等級3

どんなに大きな地震の影響を受けて傷一つない家を建てたいというのが、

お客様の希望だと思いますが、現段階の日本の技術では

それは不可能なことだと思います。

そして、お客様がマイホームの耐震や強度の判定基準として分かるように、

国は最低等級である等級1を最低基準ラインとして、

以下の項目を設定しました。

 

損傷防止

数十年に一回は起こりうる(すなわち、一般的な耐用年数の住宅では

1度は遭遇する可能性が高い)大きさの力に対しては、

大規模な工事が伴う修復を要するほどの著しい損傷が生じないこと

 

倒壊等防止

数百年に一回は起こりうるすなわち

(一般的な耐用年数の住宅では遭遇する可能性は低い)

大きさの力に対しては、損傷は受けても、

人命が損なわれるような壊れ方をしないこと

そして、等級が高くなるにつれて、より大きな力に対して

目標が達成されることを表しています。

この基準では、地震、暴風、積雪(多雪区域のみ)について、

それぞれ、上記の「損傷防止」と「倒壊等防止」の2つの観点から

評価した結果を等級で表します。これを読んで気付きましたか?

損傷は受けても、人命が損なわれるような壊れ方をしない事と

国は設定しています。つまり逃げる時間を稼げる家であることが

基準なのです。命は守ることが出来ますが、

その後、その家で生活を送れるかどうかは運次第ということです。

耐震等級1とはそういうことです。

当然ですが、その後の生活を送れるかは耐震等級2・3になるにつれ、

可能性が高くなります。そして、評価の対象は、柱、はり、主要な壁、

基礎などの構造躯体の部分なのです。

繰り返しになりますが、構造見学会がどれだけ重要な機会なのか

納得して頂けたでしょうか?

家の骨格は、完成見学会では確認する事が出来ません。

家族の生活を守ることが出来る家づくりになるように、

十分に確認することが大事なのです。

耐震等級は3が最高レベルに設定されており4や5はありません。

震度7以上の設定がないのと似ていますね。

前昌建設は今後起こるかも知れない、出来るかもしれない震度8に備えて、

耐震等級3の更に1.2倍の強度を標準仕様にしています。

耐震等級3

前昌建設は家族を守る家づくりをモットーに掲げています。

住宅購入はミスが許されない大きな買い物なので、“きっと大丈夫だろう”と決めずに数値を必ず比較してから購入して下さい。

 

2018/11/15

耐震等級3を大前提にした家づくり

書籍 発売中 家づくり

イベント情報

お客様の声

資金計画

BLOG

会社案内

イベント情報

施工対応エリア

施工対応エリア マップ

奈良県 広陵町 香芝市 大和高田市 葛城市 橿原市  天理市 大和郡山市 平群町 斑鳩町 三郷町 王寺町 河合町 上牧町