ブログ

Sさま邸4<柱状改良>

Sさま邸の土地は地盤が弱かったために、

『湿式柱状改良』を施工しました。

 

まずは敷地内の施工ポイントに印をつけます。

この位置に杭が立てられていきます。

柱状改良

プラント(本体)で作られたセメントミルクを、

ポンプを通して重機に送り、地中5.5㍍に流し込みます。

これを土中で混ぜて、固めます。

柱状改良

こうしてしっかりした地盤が完成し、次の工程に進みます。

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求