ブログ

コロナ禍の今、避難所の感染対策は?問題視され始めてはいるけれど実際は?

コロナ禍で発令された

緊急事態コロナ禍で発令された

 

緊急事態宣言は徐々に解除の方向に向かっているようです。

しかし、新型コロナウイルスが

私たちの、感染に対する意識を根底から変えてしましました。

コロナ禍の今、避難所の感染対策は?

今まで避難所といえば

被災した近所の人同士が

狭いながらも

協力し合い・肩を寄せ合う姿をテレビで見ると

「あー、どんな時も人は、

協力しながら苦難を乗り越えていくものなんやな

がんばりやー」

と、テレビ越しにですが

ここらからエールを送ったものです。

 

今もし、狭い避難所に被災者が殺到したら

クラスター感染が起こってしまうのでは?

 

と、考える人がほとんどではないでしょうか?

問題視され始めてはいるけれど実際は?

事実、

今年3月11日未明

北海道東部の標茶(しべちゃ)町が大雨に襲われ

町の、1192世帯に避難指示(緊急)が出された際には

、町の体育館の避難所の床にテープを貼り

1人あたりのスペースを2メートル四方に区切ることで、密集を避けたといいます。

政府は、4/1付で通達を発し

有事の際、避難所での

ソーシャルディスタンス確保などの対策を命じています。

各自治体は、

早急に新しい災害対策指針を打ち出さねばといいつつ

実際のところは手をこまねいているように感じます。

まとめ

災害対策アナリストは、避難所の代わりに

  • 車中泊
  • 親戚や親しい人の家

など代替え方法を提案してはいますが

地縁が薄いこの時代に、難しさも否定できません。

 

そんなことを考え出すと

結局、一番気が休まるのが我が家で

できるだけ、自分の家で災害をやり過ごしたいと

思う自分に気が付いてしまいます。

 

いざという時のために災害に強い我が家にすべく

工夫や対策をしておきたいです。

 

例えば

段ボール箱を備蓄していれば

ビニール袋と併せて、水嚢が作れることで

水の侵入を妨げれるそうです。

 

もっと他にも調べたら

準備しておけることがあるかもしれません。

 

 

この機会に

ご自身でできる災害の準備を考え直してみてはいかがでしょうか?

 

前昌建設では

近く、起こるであろうといわれる南海トラフなどの大地震対策に

耐震診断と補強提案・改修工事を承っております。

 

 

この取り組みが

あなたと、ご家族様の安心の一助になれば幸いです。

 

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求