二世帯住宅をお考えの方

家族構成、希望に合わせたストレスのない二世帯住宅づくり

好みも生活リズムも違う二世帯が一緒に暮らすことは、大変なこともありますが、一方で良いこともたくさんあります。子育て世代は共働きと子育ての両立負担を減らせますし、ご両親は健康面で不安を感じた際に、近くに家族がいるという安心感を得られます。マエショウでは、両世代が快適に過ごせる二世帯住宅づくりを行なっています。

二世帯住宅 3つのメリット

1. 経済的な負担が減る

二世帯住宅にすることで、各世帯ともに経済的なメリットが得られます。
建設費用の負担はもちろん、光熱費なども二世帯で分け合うことで子育て世代も・老後世代の家計にも優しい生活が送れます。

2. 老後生活の安心感

健康面で不安を感じた際、近くにお子さんやお孫さんがいるのは、とても心強いですよね。また、子育て世代にとっても近くにご両親が住んでいれば、介護やサポートが行いやすくなるはずです。

3. 育児協力を得られる

最近の子育て世帯では、共働き夫婦が年々増加しています。おじいちゃん、おばあちゃんとの暮らしは子どもにも良い影響を与えますし、おじいちゃん、おばあちゃんにとっても、孫と触れ合える時間は楽しみですよね。

二世帯住宅への不安

  • 起きる時間や寝る時間、ご飯の時間など生活リズムが異なるので、ストレスになりそう
  • 親世帯とはデザインの好みが違うのに、お互い満足のいく家ができるの?
  • 同居だとプライベートが保てないのでは?来客があった際、気まずくない?
  • 孫と触れ合う時間は大切にしたいけど、お婿さん・お嫁さんに気を使わせてしまわない?

二世帯住宅を検討しているが、世代が違う家族との同居には不安がある。
マエショウではこれまでの経験から、そんなご家族の悩みを解決する二世帯住宅をご提案します。

二世帯住宅には、3つのタイプがあるのをご存知ですか?

家族であっても、世代が異なれば生活リズムなどが違うのは当然のことです。また、同じ二世帯住宅でも各ご家庭によって求めている二世帯の形は様々。二世帯住宅には、大きくわけて3つのタイプがあり、それぞれの目指している二世帯の暮らし方によって、使い分けることができるのです。ここでは、それぞれの特徴について、ご紹介したいと思います。

奈良の二世帯住宅のタイプ・完全同居型

完全同居型

寝室などのプライベート空間は分けつつも、リビング・キッチン・浴室・トイレなどその他の部分は共有するタイプ。経済面のメリットが家を建てる時はもちろん、住んでからも一番得やすいタイプです。しかし、このタイプは完全にプライベートを分けることができないので、既に同居などをされていて、共同生活のイメージがついているご家族にオススメです。

奈良の二世帯住宅のタイプ・部分共有型

部分共有型

玄関や浴室などの一部を共有し、キッチンやトイレ、リビングなどは世帯ごとにつくるタイプ、又は玄関のみを共有にする場合もあります。世帯ごとのプライバシーを確保しつつも、触れ合いもあるといったバランスをとりやすいタイプです。完全同居型ほどではありませんが、家を建てる際の経済的メリットはありますし、お互いにほどよく生活を助け合うこともできます。

奈良の二世帯住宅のタイプ・完全分離型

完全分離型

玄関、キッチン、トイレ、リビングなどすべてを別々にするタイプ。プライバシーをしっかり守りたい方や、親世帯・子世帯で異なるデザインの家を建てたというご家庭にオススメです。両者の家を庭や、渡り廊下などで繋ぐことで、一緒に住んでいる安心感を得られますし、両家族の交流もスムーズに行えます。経済的なメリットは他のタイプと比較すると少ないですが、お互いの生活リズムを確保することができます。

相続税対策にもなる、二世帯住宅

二世帯住宅が、節税対策になることをご存知でしょうか。通常親から家を相続すると相続税が発生します。しかし、二世帯住宅の方は下記の条件に当てはまると「小規模宅地等の特例」が適用され、一定面積(330m2以下)の土地評価額が8割減となり、かなりの節税対策となるのです。

小規模宅地などの特例 適用条件
  • 被相続人の配偶者
  • 被相続人と生計を一つにしていた親
  • 持ち家がない被相続人の子

家族みんなが、笑顔になれる二世帯住宅

奈良の二世帯住宅に住む家族

家族構成の変化や、親世代の高齢化など、二世帯住宅を検討するタイミングは人生にそう何度も訪れないでしょう。生活環境を変えることに不安を感じない人はいません。なんとなく興味はあるけれど、一歩を踏み出せない方。二世帯住宅に対する不安やご希望など、ご家族だけで抱え込まずお気軽に私たちにご相談ください。

二世帯住宅をお考えの方はこちら