こだわりの断熱工法

県内最高レベルの高断熱性能

奈良県で高断熱の家づくり

私たちが家づくりを行なっている奈良県北西部の北葛城郡は、1日の中でも最高気温と最低気温の差が大きく、また夏は暑く、冬は寒い地域です。
「お客様に快適な家に住んで欲しい」そんな想いから、マエショウでは高気密・高断熱な家づくりをすることで、エネルギーを消費しなくても夏は涼しく、冬は暖かい、過ごしやすい住宅環境を実現しています。快適な家づくりの重要なポイントである「断熱」には「アルミ熱線反射材」と「現場発泡ウレタン」を組み合わせた特許工法の新しい断熱工法を使用しており、この断熱工法はマエショウのこだわりです。

従来の断熱材とは異なる、革新的な断熱材

従来の断熱材では防ぐことのできなかった「夏の熱さ」に対し、マエショウで採用している断熱工法では宇宙服の素材でもあるアルミ製の反射材を張り付けることで、太陽熱をカットしています。さらに、断熱性能に優れた発泡ウレタンを合体させた二重構造の断熱材のため、高気密・高断熱な家づくりを実現することができるのです。

従来の断熱材で暑くなってしまう理由
奈良県で高断熱の家づくりが必要な理由

従来の断熱材では、輻射熱(ふくしゃねつ)と呼ばれる太陽熱の進入が防げていないため、太陽熱を多く浴びる夏は、家の中がとても暑くなってしまいます。更に、太陽熱によって暖まった空気が断熱材によって家に閉じ込められるため、室内に熱がこもってしまいます。

アルミ反射材の効果
奈良県の高断熱の家づくりの効果

マエショウで採用している断熱工法では、アルミ熱線反射材が太陽熱を97%カットするため、夏でも家の中に熱が侵入せず、エアコンをかければ、すぐに部屋が涼しくなります。他の断熱材のように熱を吸い込むのではなく、熱を跳ね返す原理のため太陽熱を遮断することができます。

現場発泡ウレタンの効果

現場発泡ウレタンは非常に機密性が高く、冬に家の暖かさを逃がさないといった効果があります。ウレタンは化学反応によりその場で膨らむ仕組みなので、どんな隙間にもぴったりと現場にあった形で使用することができます。

家族の快適な暮らしと、家計を守る家

夏涼しく、冬暖かい家は家族の暮らしを快適にするだけではなく、月々の高熱費を抑えることもできます。昨今の異常気象により夏は病気になるぐらい暑くなり、冬もしっかりと寒くなる、という年が多くなってきました。そのため空調にかける電気代はかさむばかりです。しかし、高気密・高断熱な家では少しのエネルギーで部屋を適温に保つことができるため、電気代も節約することができます。住む人に本当に優しい家をつくるため、マエショウでは「高気密・高断熱な家」にこだわります。

奈良で注文住宅に関する資料を請求
奈良で注文住宅に関するお問い合わせ
奈良で注文住宅に関する問い合わせ 奈良で注文住宅の見学会を予約 奈良で注文住宅に関する資料を請求